So-net無料ブログ作成

新型インフル輸入ワクチン、2月中旬にも接種開始(産経新聞)

 厚生労働省は13日、ワクチンの輸入が正式決定した場合、2月3日から出荷を開始する「出荷スケジュール」を公表した。各医療機関には出荷後1週間から10日で届くため、同月中旬にも接種が可能となる見通し。

 優先接種対象者はすべて国産ワクチンが行き渡る見通しとなっており、輸入ワクチンは健康な19歳から64歳の希望者に使われる予定。

 ワクチン輸入の可否は、15日の厚労省薬事分科会で検討し、長妻昭厚労相が最終決定する。正式に決まれば、スイス系「ノバルティス」製が2月3日に240万回分、英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」製が同5日に234万回分、出荷され、2月中に両ワクチン合わせて2989万回分が出荷される。

【関連記事】
新型ワクチン、一転「余る」 1億5千万人分を確保
俳優の死で新型インフルワクチンに殺到
60代以上の多くに免疫か 新型インフルと過去のウイルス分析
緑茶うがいでインフル予防 カテキンがウイルス活動抑制
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

新聞配布にフリーダイヤル廃止 JALのケチケチ「コスト削減」(J-CASTニュース)
「覚せい剤打っていた」と逃走=女性死亡、ひき逃げ容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)
直木賞・白石さん「大嫌いな賞」の呪縛から解放(読売新聞)
「日米同盟に感謝すべきだ」首相、防衛省で訓示(読売新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。