So-net無料ブログ作成
検索選択

総合出版社のリストラ内幕 時々刻々「ドキュメンタリー」暴露(J-CASTニュース)

 出版社社員と名乗る45歳男性が、自分が勤める会社のリストラ・早期退職に関する内容をドキュメンタリータッチでブログに書き、話題になっている。2010年5月末に早期退職するまで書き続ける、と宣言、社内の混乱やリストラ後の給与などを克明に記述している。

 ただ、内容が本当なら、内部情報を漏洩したとして、社内処分が出てもおかしくない。

■社員120人のうちの50人を早期退職

 問題のブログは「はてなダイアリー」で2010年3月29日に始まった「たぬきちの『リストラなう』日記」。筆者が勤めているのは業界の売り上げ順位10位くらいの総合出版社だという。勤続20年、編集、宣伝、販売などの部門を経験した。3月中旬に会社が「このままでは立ちゆかないので、社員を減らします。優遇措置を設けたので希望退職を募ります」と宣言、リストラが始まった。以降の会社の対応や自分の心境を、4月21日までに19回綴っている。

 出版社は3月中旬にリストラ策を発表。項目の一つに早期退職社募集があった。対象になったのは50代以上と、営業・管理の40代以上で、社員数120人のうちの50人。早期退職に応じた場合、退職金が上乗せされるが、社に残った場合、過酷な給料カットが待っているという仕組みだ。

■面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴る

 ここでは09年6月に基本給5%カットがあったばかりなのに、40歳以上が15%カット、40歳未満は10%カットされる。そのほか諸々の手当も無くなる。「たぬきち氏」の09年度の年収は1169万7471円だった。仮に早期退職しなければ「だいたい840万くらいに下がる」と計算している。

 色々悩んだあげくに早期退職を決意したのだが、決め手は給与の減額ではなかった。出版社が経営的にピンチに追い込まれていることだけでなく、電子化の流れについて行っていない、など将来性がないと踏んだからだ。

 早期退職の募集を開始してから社内には殺伐としたムードが流れた。「辞めさせる五十名のリストがある」「あいつは載ってる。ガチだ」などの噂が出て、自分の未来を考えるより、デマについて語る時間が長くなる。ある人は早期退職を担当する面接官に「このまま残られても、今と同じポジションで残れるかはわかりません」と言われ、面談の中でキレ、面接者に向かい「お前が辞めろ!」と怒鳴りつけた。早期退職が決まったのは39人。定員に満たず、そのため対象者を「編集部門の四十歳以上も含む」に広げるらしい、と書いている。

■「 退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」

 出版社のリストラの内幕を「完全暴露」しているわけだが、退職が決まったからといって社内情報を公開するのはどうなのか。実は、たぬきち氏も心配していて、このブログの存在が知られれば「クビだっ!とかなるんじゃなかろうか」「こっぴどく叱られるかもしれない。退職金を取り上げられるとかあるかもしれない」と書いている。

 それでもなぜ書き続けるかと言えば、勤める出版社は情報公開をしない体質だからだという。今回のリストラも業界紙に小さく記事が載っただけ。

  「こんなこと始めちゃった僕にはもはや、外部の人に対する説明責任があると考えたからだ」

と書き続ける理由を説明している。

 このブログについて、ネットでは「出版業界の置かれている状況がよくわかる」「たぬきち氏の勇気ある発言に心奪われる」などと評価が高い。たぬきち氏が勤務する会社だとネットで名指しされている出版社に、処分はあるのかどうか聞いてみたところ、広報室から、

  「(わが社の)社員であるともないともお答えできない」

との回答が返ってきた。


■関連記事
「末期がんで余命1年」は嘘 闘病ブログ炎上、記事削除 : 2010/04/13
グラビアアイドル襲おうとした?  オリラジ藤森ブログで噂を完全否定 : 2010/04/09
「AKB48」メンバーブログが「炎上」 テレビ番組巡りコメント1万 : 2010/03/25
紳助お気に入りのタレント並べて手垢まみれの企画 鬱陶しい! : 2010/04/20
ツイッターは最強の「婚活ツール」となるか? : 2010/04/16

裁判員裁判初「区分審理」元プロボクサーに懲役6年6月(産経新聞)
杉本栄子さん死去=紀子さまの祖母(時事通信)
鉄製扉倒れ、男子生徒2人けが=運動公園野球場−岩手・遠野(時事通信)
米兵家族の少年ら3人逮捕=タクシー強盗容疑−沖縄県警(時事通信)
首相はつらいよ!? 山田監督が激励(産経新聞)

首相が五輪入賞者を官邸に招く 難局にねぎらいのコメントも自嘲気味(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日、バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子銀メダルの浅田真央(19)、同男子銅メダルの高橋大輔(24)の両選手ら入賞者ら62人を官邸に招き、記念品の写真立てを贈呈して健闘をねぎらった。

 首相は、指導力不足が指摘されている自らの境遇を思ってか、「あなた方が活躍している時だけが…、『時だけが』なんて言ってはいけないが、日本が1つになっている」と自嘲(じちょう)気味に語る場面もあった。

【関連記事】
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
首相、普天間で職を賭す 進退問題への発展も
民主・小沢幹事長vs前原国交相 高速道路の新上限制で全面対決
首相官邸に不審物 乾電池とモーター入り封筒送りつける
首相不起訴の是非 検審、月内にも議決
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

朝鮮学校無償化、脱北者らが適用反対(産経新聞)
出席表明は先送り=普天間、県内移設反対の大会−沖縄知事(時事通信)
毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)
外国人参政権 35県「付与反対」 地方の危機感拡大(産経新聞)
出席表明は先送り=普天間、県内移設反対の大会−沖縄知事(時事通信)

四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿(産経新聞)

 平城遷都1300年祭のメーン会場となる奈良市の平城宮跡に復原された第一次大極殿内で、日本画家、上村淳之(あつし)氏(77)が制作していた神獣「四神」と「十二支」の壁画が完成し、16日、報道陣に公開された。花鳥画で知られる上村氏は「穏やかで、優しさも感じられるように表現した」と語り、“平成の四神と十二支”として、奈良の記念碑的作品となりそうだ。

 四神はキトラ古墳や高松塚古墳(いずれも奈良県明日香村、7世紀末〜8世紀初め)に描かれた四方の守り神。東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武から成る。

 平城京が誕生した奈良盆地北端は青龍を示す東方の流水、玄武に当たる北方の山などの地形的条件がそろった「四神相応の地」と考えられ、遷都先に選ばれたとされる。平城宮のシンボルだった大極殿復原にあたっても、四神などの壁画で飾ることになり、上村氏が昨年秋から制作に取り組んでいた。

 壁画は天井下の小壁の全36面に制作。四神はそれぞれが守護する東西南北の壁に、中央の柱を挟んでペアが向き合う形に配置。他の小壁に十二支や雲などを描いた。

 「キトラの四神は顔が険しく、渡来人の感覚がみられる。大極殿では、四神は穏やかで権威のある姿に、十二支は優しさが感じられるよう描いた」と上村氏が話すように、白い小壁に淡い色合いが優しく映える。

 上村氏は「いい体験をさせていただいた。白い壁に動物を描いても宙に浮かない表現法を大極殿の壁画を通じて後世に伝えたい」と話している。

【関連記事】
蘇ったキトラの壁画石室 複製陶板で凹凸や土質まで
狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺
高松塚壁画の劣化 昭和55年ごろから深刻化
高松塚劣化「組織的な不作為」が要因 検討会報告書が指摘
高松塚古墳壁画の劣化、文化庁の無策が原因
外国人地方参政権問題に一石

タイ邦人カメラマン 無言の帰国 妻「言葉にできぬ悲しみ」(産経新聞)
都心で41年ぶり遅い雪 上越新幹線運休、交通乱れ(産経新聞)
「肉や角、高く売れる」逮捕の“矢ジカ”男(産経新聞)
開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む−京都・東寺(時事通信)
変わらぬ“大阪の味” 「道頓堀今井」のきつねうどん (産経新聞)

<文化財保護法違反>39歳容疑者逮捕 シカにボーガン(毎日新聞)

 奈良市の奈良公園で先月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は13日、津市の飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)を文化財保護法違反(天然記念物のき損)容疑で逮捕し、自宅を家宅捜索した。

 逮捕容疑は、3月12日夜〜13日未明、奈良公園内にある春日大社境内で、シカにボーガンで矢(長さ約52センチ)を放ち、死なせた疑い。県警によると「シカに向けて撃ったが、当たったかは分からない」などと供述しているという。現場にはボーガンの矢3本が残されていた。稲垣容疑者は「シカを撃った」と知人に話していたといい、県警は奈良市のコンビニエンスストア防犯カメラに稲垣容疑者の所有とみられる軽トラックが映っているのを確認した。

 県警によると、シカは10歳程度で、体長約130センチ、体重約44キロ。3月13日に左腹に矢が刺さった状態で見つかり、15日に死んだ。解剖の結果、妊娠していたことが判明した。奈良公園一帯のシカは国の天然記念物に指定されている。【上野宏人、岡奈津希】

【関連ニュース
文化財保護法違反:30代男聴取へ 矢でシカ死なせた疑い
文化財保護法違反:死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明
奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷
文化財保護法違反:シカにボーガン、30代男を聴取へ−−奈良県警

<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)
<自民党>大島幹事長「同日選も想定」(毎日新聞)
米軍再編「多少の遅れも」=実務者協議、米に働き掛けへ−平野官房長官(時事通信)
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)

不正献金の北教組を調査へ 民主「混乱招く」と反発(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営への不正資金提供事件を受け、道教育委員会は来週にも公立学校の全教職員約4万5千人を対象に組合活動の実態調査を始める。7日の教育委員会で明らかにした。

 道教委は理由について「教育の信頼を取り戻すため」としているが、北教組が支持する民主党は「教育現場の混乱につながる」と反発している。

 道教委によると、道内の札幌市を除く公立の小中高校と特別支援学校の計1900校の教職員(校長を含む)を対象に聞き取り調査する。拒否した場合には職務命令を出し、明確な違反行為があれば処分も検討する。

 調査は「勤務時間中の組合活動」「教職員の政治的行為」など8項目。学校の備品を組合活動に使用したことがあるかや、選挙運動のビラ配りをしたことがあるかなどを尋ねる。

【関連記事】
神奈川県教組の基金から“8億円消える”
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
世論、小林議員、女性スキャンダル…小沢襲った“三重苦”
みたび北教組の深い闇 日教組の「学校分権」の理想郷は「モラル」なき北海道にあり

父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)
「仕分け人」第2弾、8議員と民間人の一部内定(読売新聞)
防犯カメラで痴漢半減、埼京線が全列車設置へ(読売新聞)
悪質リース契約再燃 弁護士ら被害撲滅へ全国組織(産経新聞)
【キブンの時代】第2部 危険はどこに(3)マスクに殺到、豚肉料理中止…(産経新聞)

<総務省>官房総務課長らの人事異動 大臣遅刻で「更迭」か(毎日新聞)

 原口一博総務相が4月1日付で内示した官房総務課長ら4人の人事異動について、総務省内で26日、原口氏が2度にわたり委員会出席に遅刻した責任を取らされたとの「更迭人事」との見方が広がった。原口氏は26日の会見で「更迭ではない」と明確に否定しているが、省内には不満がくすぶっている。

 原口氏は3日の参院予算委に遅刻した際、「事務方の連絡ミス」と説明。16日の参院総務委にも遅れた。4人はいずれも国会との連絡・調整を担当していた。ただ、今回の総務課長の異動先は情報通信国際戦略局の参事官で、過去に同様のルートで異動が行われたこともあり、更迭説の真偽は不明確だ。【石川貴教】

【関連ニュース
消えた年金:第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に
夕張市:総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に

<立松和平さん>生と死「丁寧に」新人絵本作家の長女(毎日新聞)
“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)
霧島山で小噴火の可能性=警戒レベル引き上げ−気象庁(時事通信)
「せんとくんカプチーノ」登場=奈良〔地域〕(時事通信)
<強盗>パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。